キリスト教会と礼拝

 

神はその独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。
(ヨハネによる福音書3章16節)

主日礼拝

教会は日曜日を主の日と呼び、主の日毎に礼拝を捧げています。教会が最も大事にしているのは、この主日礼拝です。

主日礼拝の意義

真の礼拝において、私たちは新しく創り変えられ、私たちの生きる目標が示され、神さまからの慰めと励ましが与えられています。つまり、「礼拝」は神さまのみ業、救いのみ業で、神さまが私たちを招き、私たちの新しい永遠の命を求めておられるのです。

主日礼拝の内容

教会には、イエス・キリストを私たちの救い主であると信じる者たちや、イエス・キリストに救いの道を求めている人たちが、それぞれ神様からのお招きを受けて相集います。そこでは、神様が語りかけて下さるみ言葉の説教と聖餐とを通して、神さまのみ心を聴くと共に、私たちの心を神様に向けて神様の愛のみ言葉と恵みに感謝と讃美を捧げる礼拝が行われます。

主日礼拝への参加者

しかし私たちはもともと、そのままの自分の姿では聖なる神さまの前に立つことはできませんが、イエス・キリストの十字架の死による贖いによって、み前に立つことを許され、その死から復活なされたイエス・キリストが共にいて下さることによって、真の礼拝が許されています。

聖 餐 式

主イエス・キリストが十字架にかけられる最後の晩餐において制定されたもので、十字架にかけられるために裂かれた御体を現すパンと流された御血を現すぶどう酒によって、主イエスの私たちのための犠牲を記念して行われるものです。これは、洗礼を受けた者だけが与ることができるものです。

礼拝の喜び

教会の信徒たちは、毎日曜日、以上のような「主日礼拝」の恵みを喜んで受け、また、この受けた大きな喜びを隣人に宣べ伝えていこうとしています。