伝統と歴史

小金井西ノ台教会の伝統と歴史

 

小金井西ノ台教会は19世紀中頃からの歴史があります。

小金井西ノ台教会の歴史は、1859年に「ヘボン」とよばれた長老派教会の医師ジェームズ・カーティス・ヘップバーン(James Curtis Hepburn)がアメリカら来たことに始まります。ヘボンはアメリカ長老派教会系医療伝道宣教師であり、 ヘボン式ローマ字の創始者です。小金井西ノ台教会は、1956年に創立されました。
初代牧師は渡辺充牧師、そして渡辺牧師の後任として宮本信之助牧師が赴任しました。宮本牧師の退任後、田中牧人牧師、寺田信一牧師、川﨑嗣夫牧師、武田英夫牧師が牧会し、現在の青戸宏史牧師・青戸歌子牧師に引き継がれています。

小金井西ノ台教会は御言葉によって常に改革される教会です。

教会は一ヵ所・一時期にとどまっているものではありません。聖書の御言葉に聞き、神様の御言葉によって新たに改革されているものです。小金井西ノ台教会は、常に生まれかわっている教会です。

小金井西ノ台教会は長老派の教会です。

小金井西ノ台教会は神さまのご意思によって選ばれた長老によって治められます。この教会は日本基督教団内での地域連合長老会である東部連合長老会に加盟しています。東部連合長老会は東京を中心にして相互に協力して伝道活動を行っております。

小金井西ノ台教会は、日本基督教団に属する教会です。

小金井西ノ台教会は、1890年の日本基督教会「信仰の告白」に基づいた「日本基督教団信仰告白」による信仰を継承・告白し、神に仕え、 神の御言葉をのべ伝える教会です。